この上達法の特徴

“誰もが同じ条件でキャスティング練習をはじめられること”、
それがこのフライフィッシング上達法の特徴です。

フライフィッシングは特別に難しい釣りではありませんが、上達するのに少しだけ時間が掛かる釣りです。

そこで、のんびり気長に続けられる練習方法をご紹介します

この上達法ではフライフィッシングを “ロッドを使ってラインを操る釣り” と捉えました。

結局、フライキャスティング練習の目的は、ただロッドを振ることではなくラインを自由に操れるようになることだからです。

 そこで、まずラインだけを使った練習からはじめます。

ロッドを使わないとキャスティングに必要な体の動きが明確になるためです。

 続いてロッドを使った練習をします。

この順序で練習をするとどんなロッドを使っても、その力を十分に引き出せるようなキャスティングができるようになります。

 実は、フライフィッシングはとても細分化された(種類の多い)釣りで、ロッドとラインにもたくさんの種類があります。

同じ条件(使用するロッドとラインの組み合わせが同じ)で釣りをしている人に出会う確率はほとんどありません

それくらいフライフィッシングでは、人それぞれ、色々な道具を使って釣りをしているのです。

異なる条件で練習をすれば、当然、キャスティングをしている時に受ける印象も変わってくる筈です。

練習するための条件が人によって違うのに、その方法だけは一緒というのも何か変ですよね?

そこで、まず練習環境を統一するために余計なもの(ロッド!?)を取りはらってから(使用しないで)練習をはじめます。

これで、「このロッドは本当に自分に合っているのだろうか?」など余計なことを考える必要がなくなります

ロッドなしにラインを自由自在に操れるようになってくれば、それは着実にキャスティングの実力が上がっている証拠になるのです。


――――      <フライキャスティング練習のピラミッド>       ―――― 


web拍手
コメント(0) | page top↑