まとめ 

 以上で、自宅に居ながら、しかもタックルを使わずに学ぶ素手で行なうキャスティング練習の説明は終わりです。みなさん、フライキャスティングの基礎を少しでも理解して頂けましたでしょうか?

フライキャスティングの基礎であるループの作り方は、分解してみると実はとても単純な動作によって構成されていました。難しいのは一つ一つの動作をスムーズに繋げ、フォルス・キャストという一連の動作に仕上げることです。

そのためには、どうしてもある程度時間をかけて練習する必要があります。実際の釣りの中だけでは不十分なフライフィッシングのキャスティング練習をこの上達法で補い役立てていただければ幸いです。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する
コメント(0) | page top↑