スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

C.3ステップで学ぶキャスティングの基本動作

 

             を押すと動画が再生します。


 上の動画はフォルスキャストをしている様子を捉えたものです。

本上達法ではこのフォルスキャストを通してフライフィッシングの基本動作の習得を目指します。

 フォルスキャストは何となくロッドを前後に振っていればできてしまうような気がします。

でも、ここにフライキャスティングの基本動作を習得する難しさが隠れています。

 何故なら、フォルスキャストは連続した動きですが、実は独立した役割を持った2つの動作から構成されているからです。

その動作とは、

○引く(動作)と
○返す(動作)

です。

 ロッドのような長い棒状のものをただ前後に振ろうとした場合、その動きは自然と弧を描くような形になります。

しかし、弧を描くようにロッドを振ることは、引く動作と返す動作があいまいになるためキャスティングに適した動きではありません。

これでは、ラインに力が効率よく伝わらないのです。

 何となくロッドを振っているだけではキャスティングの基本動作は身に付きません。

また、ロッドが長ければ長いほどキャスティングの基本動作は不自然でやりにくくなります。

反対に、ロッドが短ければ短いほどその動作はやりやすいということになります。

そして、ロッドを短くしていき、最後にロッドまでなくしてしまうと“素手”になります。

 そこで、まずは毛糸を使い素手でキャスティングをする練習からはじめましょう。

こうすると、ロッドがあることでわかりにくかったキャスティングのメカニズムが明白になるのです。


<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 
 

拍手する
スポンサーサイト
コメント(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。