スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

①ラインを直線的に“引く” 

 フライキャスティングの基本動作、第1ステップは「引く動作」です。

毛糸を空中で直線的に伸ばすためには、まず毛糸を直線的に引く必要があります。

(もちろん、毛糸は重力で下に落ちようとするのでその影響が出ない速さで引く必要があります。)

この動きはあまり経験したことがないと思いますので最初は戸惑うでしょう。

しかし、慣れの問題ですので何度も繰り返してとにかく慣れてしまいましょう。

 毛糸を直線的に引けるようになるとあることに気が付きます。

それは、「わずか60~70cmの毛糸でも空中でまっすぐにするのには体全体を使う必要がある。」ということです。手首だけでも腕だけでもない、体全体を使った動きです。

そして、毛糸が動く軌道を直線的にするためのポイントは、体の動きを滑らかにするという点です。

これこそがフライロッドでいう“しなり(たわみ)”であり、ロッドを使わないこの練習におけるあなたの役割です。

つまり、体全体がフライロッドの役目を果たしていると言えるでしょう

 そして、体全体を使いその動きを大きくすればするほど、毛糸を“長く”直線的に引くことができるはずです。

この時、一方向に大きく体を動かせば動かしただけ続けて反対方向へ動かすときの軌道を長く取ることができます。

(例えば、後ろ方向に体を大きく動かして毛糸を引いた後続けて前方へ毛糸を動かす場合、非常に長い軌道を前方に確保することができます。

 この直線的で長い軌道を取ることが毛糸を遠くまで伸ばすためのポイントになります。

手首だけ、あるいは腕だけを使うのではありません。

“体全体を使って”毛糸が直線的になるように練習してみて下さい。

 必要なことは、引っ張られる毛糸がきちんと直線的になっているかをしっかりと目で見て確認することです。

もし毛糸がまっすぐになっていなければそれはあなたが毛糸をまっすぐに引けていない、あるいは引く速度が遅いことを表しています。

 実際のフライフィッシングにおいても、使うロッドの長さや種類などによりラインを引く速度は異なります。

毛糸を使ったこの練習では毛糸をまっすぐにするのに見合った(応じた)速度で引けるようになりましょう。

 また、フライフィッシングでは様々な方向や角度にキャスティングをするので、前後の動きだけでなく、左右、斜め上、斜め下など自由に角度を変えて試してみて下さい。



             を押すと動画が再生します。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する
スポンサーサイト
コメント(0) | page top↑

②手首を“返す” 

 フライキャスティングの基本動作、第1ステップで

「空中にあるライン(毛糸)を直線的に伸ばすには、まずはライン(毛糸)を直線的に引く。」(必要がある)とお伝えしました。

※この上達法では、体の後ろ方向だけでなく、体の前や左右などの方向に毛糸を牽引することも「毛糸を引く。」と表現しています。

実践して頂いている方は、どうですか?少しは慣れてきましたか?ポイントは、手首だけでもなく、腕だけでもない体全体を使った滑らかな動きです。特に、手首に力が入らないように注意しましょう。サムオントップの握り方で毛糸を軽く握って下さい。

そして、ある程度毛糸を直線的に伸ばすことができるようになった方は、「何かが足りない。」と感じるようになっているかも知れませんね。

毛糸は、あなたが引くことをやめた時点で力を失いその場に落ちてしまいます。当然ですね。毛糸を牽引する動力となっているものは、自分(の手)以外に何もないのですから。

しかし、これではループができないどころか、毛糸を少しも伸ばすことはできません。何かが足りませんね

そうです。その足りないものこそが、フライキャスティングの基本動作、
第2ステップの「手首を返す動作」になります毛糸を“引く”時には使わなかった(温存していたと言ってもよいでしょう。)手首の動きです。

※毛糸を引く時に手首を固定していると、手首を返す時にどうしてもスムースでコンパクトな動きができなくなるので注意します。

毛糸を直線的に引いた後、手首を返す(進行方向とは反対に向いていた親指を進行方向に「すっ」と向ける感じです)ことで、牽引役をしていたあなたの手を毛糸が追い越していきます。そして、この時にできる毛糸の形こそがループ(Loop)です

どうですか?できましたか?前方向だけでなく、後ろ方向へもループを作ってみて下さいね。前方へキャストすることをフォワードキャスト(Forward Cast)、後方へキャストすることをバックキャスト(Back Cast)と言います。

手首を返す際には、まずは力ではなくタイミングに意識を集中してみて下さい。大きい動きは必要ありません。「ぐぅー」と引いてできた毛糸の直線を「すっ」と手首を返して反対方向に導きましょう。

※ループを作る時、毛糸から目を離さずじっくりと観察しましょう。どのようなタイミングで、どれくらい力を入れればループができるのかがわかりますよ。(特にバックキャストの際に目を離してしまいがちなので、意識して見る癖をつけてしまいましょう。)

また、手首を返してループを作ることを覚えると、「まずは毛糸を引く」という基本をなおざりにしてしまいそうになります。こちらも忘れずに意識して行ないましょう。そうすることで、きれいなループが描けるようになります。

そして、まずは60~70cmの長さに持った毛糸でループを作る感覚を十分に楽しんで下さいね。フライフィッシングをはじめた人ならば最初は誰もが憧れるタイトループも意外と簡単にできるかも知れません!?

※ここではキャストを連続させず(フォルスキャストを行なわず)に、フォワードキャストならフォワードキャスト、バックキャストならバックキャストと、各キャストを独立させそれだけで完結させます。

こうすると一つのキャストに意識を集中させることができ、ゆっくりと丁寧にループを作ることができます。



             を押すと動画が再生します。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する
コメント(0) | page top↑

③動作を連続する

 ここまで

第1ステップで、 ラインを“引く”ことにより直線を作り

第2ステップで、 手首を“返す”ことでその直線をループに作り変えました。

そして、いよいよフライキャスティングの基本動作、第3ステップでは
(ラインを引く)直線運動と(手首を返す)弧の運動を上手くつなげ、
連続した動作にすることを目指します。

その連結がスムーズになればなるほど、自分の力をラインにより確実に伝えられるようになります。

 ラインに力を上手く伝えられるキャストは、推進力のあるループを作り、ラインを伸ばし、そしてそのループが返ること(ターンオーバーと言います。)によりフライを遠くまで届けることを可能にするのです。



            再生ボタンを押すと動画が見られます。

 しかし、ラインに力が上手く載ったキャストができるようになることのメリットは、何もフライを遠くまで届けられることだけに留まりません

今後学ぶであろうキャストの中には、現在練習している直線的なのものだけではなく、フォワードキャストでロッドを倒すリーチキャスト(Reach Cast)や意図的にラインを曲げるカーブキャスト(Curve Cast)などがあります。

これらのキャストに求められるのは変化です。そして、その変化は力が分散しているラインからよりも、力が上手く伝わって勢いのあるラインからの方が作り易いのです。

素手で行うキャスティング練習を頑張って続けていると、このライン(毛糸)に力を伝える(載せる)という“感覚”がだんだんとわかってきます。そして、それは実は様々なキャストの基礎を学んでいることでもあるのです。

 この練習は非常に軽い“毛糸”を使っているので、もしかするとある程度重さのある“フライライン”を使う実際のキャスティングよりも難しいかも知れません

しかし、軽い“毛糸”にあなたの力を確実に伝えられるようになれば、実際にロッドを振った時にはフライラインに力を伝えるということがより簡単に感じられるでしょう

そして、確実に力が伝えられるようになったら(しっかりとループを作り、毛糸をターンオーバーさせられるようになったら)、徐々に毛糸の長さを長くしていきます。

 繰り返しになりますが、キャストの時は必ず毛糸の形をよく見て、自分のキャスティングを矯正していきましょう。

上記の“キャスティング中のループ(特にバックキャストのループ)をよく観察する(ことが大切。)”という理由から、オーバーヘッドキャスト(Overhead Cast)で練習をはじめることをお勧めしません

何故なら、オーバー・ヘッド・キャストは文字通り釣り人の“頭上で”行なうキャストであるため、バックキャストのループを確認することが難しいからです。

 したがって、まずはフォワードとバック両方のループをしっかりと見ることができる無理のない体勢でキャスティング練習をしてみて下さい。(脇を無理に閉める必要もありません。あくまでも自然体で。)

最初にライン(毛糸)にしっかりと力を伝える感覚を養うことに専念しましょう。それからオーバーヘッドキャストに挑戦しても遅くありません。

※バックキャストを確認しづらいオーバーヘッドキャストは、ライントラブルが発生し易すいため最初にオーバーヘッドキャストから練習をはじめると「フライフィッシングは難しい」というイメージに繋がってしまうのかも知れません。

管理釣り場などではオーバーヘッドキャストをしてフライを遠投しなくても魚は十分釣れますし、渓流においてもオーバーヘッドキャストが必要とされる状況は限られています。※常に遠投が要求される湖や海ではこの限りではありません。

 しっかりとループを作る感覚を掴んでから、キャストの角度を色々と試してみましょう。

はじめに難しいキャストで挫折するよりは、少しずつ自信を付けて色々なキャストにトライしていくほうがよいでしょう。

そして、この練習を通して自分に合ったキャスティングの型やタイミング、そして感覚というものを身に付けていって下さい。

 ※通常のキャスティング練習だとどうしても“フライロッドを振る練習”になってしまいがちですが、この上達法は“まずラインの形を作ることに重点をおいた練習”になっています。



            再生ボタンを押すと動画が見られます。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する

コメント(0) | page top↑

D.ループ・コントロールを身に付ける 

 これまで、毛糸の長さを一定(60~70cm)にしてキャスティングの練習をしてきました。どうですか?少しずつキャスティングの感覚が掴めてきたでしょうか?

 まだ毛糸を引く運動と手首を返す運動が上手く繋げられないという人は、もう少し今の毛糸の長さで練習を続けてみて下さい。力任せではなく“丁寧に”行なってみて下さい。

 すでにこの長さの毛糸でキャストすることに十分慣れたという人は、次の段階に進みましょう。

 次に皆さんに体験して頂きたいことは、毛糸の長さを今までの倍、つまり120~140cmくらいにしてキャスティングしてみることです。少しずつ毛糸の長さを長くしていくのではなく一気に長くしてみます。

 すると、どのようなことがあなたのキャスティング、そして毛糸には起こるでしょうか?恐らく今まで60~70cmの毛糸の長さでキャストしていた時と同じタイミングや力、そして感覚で投げることはできなくなる筈です

 たとえば、60cmの毛糸の長さではタイトなループでキャストできていたのに、毛糸の長さを倍の120cmにするとそれができなくなる場合があります。

 それは、60cmの毛糸でキャストする時に用いていたキャスティングの方法が120cmの時には相応しくないことを意味しています。

 120cmの長さの毛糸でタイト・ループを描こうとすれば、その毛糸の長さに適したキャスティングの方法に変える必要があるのです。

 つまり、フライフィッシングでは、ライン(毛糸)の長さを変えたときにキャスティングの方法も変えていかなければならないのです。



             を押すと動画が再生します。

 この点が、ラインの長さを一定にしたままキャストするテンカラとの大きな違いです。

 フライキャスティングに慣れていない人が、自分の能力以上の長さのラインを操ろうとしてラインを絡ませてしまうことがありますが、これは、

「ラインの長さの変化に応じてキャスティング方法を変える。」ということができていないからです。

 それでは、ラインの長さの変化に応じてキャスティング方法を変えるにはどうすればよいのでしょうか?

 自分が操ろうとするライン(毛糸)の長さにそのキャスティング方法が合っているかどうかの判断は、今まで繰り返し述べているようにキャスティング中のループを見て判断するしかありません。

 ループの種類は大きく分けて4種類(タイト・ループ、ワイド・ループ、オープン・ループ、そして、クローズド・ループ(テイリング・ループとも呼ばれます)あります。

 これらのループを自在に操ること(必要に応じてループの形を作成、あるいは修正できること)をループ・コントロールといいます。

 ループ・コントロールができるということは、ラインに力を載せる、あるいは載せないかをあなた自身でコントロールできるということでもあります。

 そして、どうすればラインに力が載り、どうすればラインに力が載らないかということを理解できれば、ループの投げ分けができ、たとえライン(毛糸)の長さが変わったとしても、その長さに合ったキャスティングができるようになるのです。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する
コメント(0) | page top↑

Welcome to the world of Fly Fishing !


This site introduces
  
"How to improve your fly casting skills at home".                             
     Fly Fishing

                                   
 The aim
 
 To learn the basics of fly casting 

 Who this site is for

 People who want to start fly fishing

 Beginners who do not get used to casting

 Fly fishers who do not have enough confidence for casting

 Especially for people

 who have not prepared fly fishing tackle

 who do not have spacious practice field near their home

 who do not have a lot of time to go fishing

Anyone can deal with this method. However, it is necessary for you not only to read the articles but also to practice it. And then, you will understand what is fly casting and get the tips to improve your skills. Don't worry!! You don't have to prepare very much. Let's get started at ease, at home!

 Fly Fishing


――――       Table of contents      ―――― 


                 All rights reserved.


拍手する
コメント(0) | page top↑

Table of contents 

 
Introduction

 
Chapter 1 : The basics of fly casting

  A.What is fly fishing?

  B.The meaning of fly casting

   ①Fishing without beginner's luck !?
   ②The meaning of false cast
   ③Fewer casts are better !?

  C.The key components of casting improvement

   ①Securing sufficient time for practice

   ②Having a spot for practice

 
Chapter 2 :  

  A.Casting practice with bare hands

  B. Correcting the cast by seeing the shape of the line

  C.Fundamentals of fly casting

   ①Pulling the line straight
   ②Rolling the wrist over
   ③Transmitting power into the line

  D. Acquiring loop control

   ①Closed loop
   ②Open loop
   ③Wide loop and Tight loop
  
  E.Conclusion

拍手する
コメント(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。