B.フライキャスティングの意義 

 

             ()すと動画(どうが)再生(さいせい)できます。

 フライフィッシングをはじめて()(ひと)はロッドを()ってラインを前後(ぜんご)()ばす動作(どうさ)について、「(なに)をしているのだろう?」と(おどろ)くようです。

その(うご)きは一般的(いっぱんてき)()りのイメージとは()(はな)れているため(ひと)強烈(きょうれつ)印象(いんしょう)(あた)えるのでしょう。

実際(じっさい)にはやったことがなくても、「フライフィッシング」と()いて“前後(ぜんご)に”ロッドを()動作(どうさ)(おも)()かべる(ひと)(おお)いのではないでしょうか?

そして、その動作(どうさ)のお(かげ)かフライフィッシングに(たい)してかっこいいという印象(いんしょう)()っている(かた)(おお)いようです。

もちろん、()(びと)はかっこうをつけるためにその動作(どうさ)(おこ)なっているわけでも、ただ漠然(ばくぜん)とロッドを()っているわけでもありません。

この動作(どうさ)フォルス・キャスト(False Cast)()ばれ、()(びと)から(はな)れた(ところ)にいる(さかな)にフライを正確(せいかく)(とど)けるため(おこ)なっているのです。

このフライフィッシングの代名詞(だいめいし)とも()え、かつフライキャスティングの(なか)(もっと)重要(じゅうよう)なキャストの(ひと)フォルス・キャストについてこれから(くわ)しく説明(せつめい)していきます。

<(まえ)のページ>         <目次(もくじ)(もど)る>          <(つぎ)のページ> 


拍手する

コメント(-) | page top↑