スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

②フォルス・キャストの意味 

 フライキャスティングの第一目的(だいいちもくてき)は、フライを(さかな)のいるであろうポイントに(とど)けることです。

 たった一度(いちど)のキャストでフライを正確(せいかく)にポイントへ(とど)けられればそれに()したことはありません。

 しかし、空気(くうき)抵抗(ていこう)(かぜ)影響(えいきょう)などによりそうすることが(むずか)しい場合(ばあい)があります。

 そのような(とき)()(びと)はキャストを何度(なんど)()(かえ)した(あと)、フライをポイントへ()とすことからこのキャストはFalse Cast(いつわ)りのキャスト)と()ばれます。

 一見(いっけん)すると意味(いみ)のなさそうなフォルス・キャストですが、(じつ)はフライラインの(なが)さや方向(ほうこう)などを“調整(ちょうせい)する”ために(おこ)なっていたんですね。

 フライをポイントへ正確(せいかく)(とど)けるため、

 a.フライラインの(なが)調整(ちょうせい)する。

 b.   〃    方向(ほうこう)調整(ちょうせい)する。

 フライフィッシングでは、特殊(とくしゅ)リールやラインを使(つか)うので、それらがキャストの仕方(しかた)影響(えいきょう)(およ)ぼします。また、キャスティングする(とき)に、空気(くうき)抵抗(ていこう)(かぜ)影響(えいきょう)(つよ)()けます。そこで、どうしてもフライラインの(なが)さや方向(ほうこう)調整(ちょうせい)する必要(ひつよう)()てくるのです。

 a. フライラインの“(なが)さ”を調整(ちょうせい)する

 フライフィッシングではリールを使(つか)うと(まえ)にお(はな)しました。フック()りばり)に()かった(さかな)とやり()りする(とき)や、ラインを回収(かいしゅう)する(とき)などの使(つか)(かた)(ほか)()りのリールと(おな)じです。

 ところが、フライフィッシングでは、キャスティングする(とき)のリールの使(つか)(かた)(おお)きな特徴(とくちょう)があります。それは、()(びと)がラインを自分(じぶん)でリールから()()す(ラインの(なが)さを調整(ちょうせい)する)必要(ひつよう)があるという(てん)です。

 フライフィッシング(よう)のリールは、一般(いっぱん)のリールとは(ちが)いキャストすることでラインが()ていくようには(つく)られていません。

 したがって、(さかな)のいるポイントまでフライを(とど)けるために、()(びと)以下(いか)のような手順(てじゅん)()みます。

 1.フライラインをリールから()()()す。
 2.キャストする。

 ※ラインの()さが()りない場合(ばあい)(さかな)のいるポイントまでラインが(とど)かない場合(ばあい))、1⇒2を()(かえ)す。

 そして、この動作(どうさ)連続(れんぞく)して行う(フライラインを空中(くうちゅう)保持(ほじ)したまま(おこな)う)と、フォルス・キャスト(ロッドを()(かえ)()ってラインを前後(ぜんご)()ばすこと)になるのです。

 ※二度目(にどめ)にキャストする(とき)は、上記(じょうき)(かぎ)りではありません。
(おな)場所(ばしょ)()りをする(とき)は、一度目(いちどめ)にリールから()()したラインをリールではなく、()(びと)手元(てもと)回収(かいしゅう)するのが普通(ふつう)だからです。

 b.フライラインの“方向(ほうこう)”を調整(ちょうせい)する

 フライフィッシングでは、(おも)さが1gに()たないような軽量(けいりょう)フライ(さかな)のいる(すう)(さき)場合(ばあい)によっては数十(すうじゅう)(さき))のポイントまで(とど)けなければなりません。

 もしこの非常(ひじょう)(かる)いフライを()げるのに()()りで使(つか)うような(かる)いラインを使(つか)ったならば、どんなに頑張(がんば)っても(さかな)のいるポイントまでフライが(とど)きません。(()()りの場合(ばあい)、ラインの先端付近(せんたんふきん)におもりを()けます。しかし、フライフィッシングの場合(ばあい)キャストのためにおもりを()けることはありません。)

 そこで、フライフィッシングでは、(かる)いフライを()げるためにある程度(ていど)重量(じゅうりょう)のあるフライラインを使(つか)います。つまり、フライライン自体(じたい)がおもりの役割(やくわり)をするのです。

 しかし、キャスティングする(とき)、ラインは空中(くうちゅう)にあるのでやはりどうしても空気(くうき)抵抗(ていこう)(かぜ)影響(えいきょう)()けます。ポイントが(とお)くなればなるほど、フライラインに(たい)するこれらの影響(えいきょう)(おお)きくなっていきます。そして、それだけポイントへ正確(せいかく)にフライを(とど)けるのも(むずか)しくなります。

 そこで、一回(いっかい)のキャストで方向(ほうこう)上手(うま)(さだ)められない(とき)、ロッドを何度(なんど)()(かえ)()って調整(ちょうせい)するわけです。

 ※フォルス・キャストをする理由(りゆう)として、上記(じょうき)(ほか)に「()れたフライの水気(みずけ)()るため」や「移動(いどう)(とき)にラインを空中(くうちゅう)保持(ほじ)しておくため」といったことが(かんが)えられますが、これらは(かなら)ずしもやる必要(ひつよう)のある動作(どうさ)ではありません。

<(まえ)のページ>         <目次(もくじ)(もど)る>          <(つぎ)のページ> 
  

拍手する

コメント(-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。