③フォルス・キャストは少ないほうがよい!?

 フォルス・キャストは、調整(ちょうせい)するために行なうと()いました。

 フライをポイントに(とど)けるために、

 ○フライラインの“(なが)さ”を調整(ちょうせい)する。
 ○   〃    “方向(ほうこう)”を調整(ちょうせい)する。

 (じつ)は、この調整(ちょうせい)実際(じっさい)()()においてできるだけ(すく)ない(ほう)がよいのです。その理由(りゆう)は、(おも)(ふた)つあります。

 a.ライン・トラブルを(ふせ)

 フライフィッシングでは、キャスティングする(とき)に、空気(くうき)抵抗(ていこう)(かぜ)影響(えいきょう)()けます。そして、フライラインを空中(くうちゅう)保持(ほじ)して(おこな)フォルス・キャストではその影響(えいきょう)をより(おお)()けます。つまり、フォルス・キャストをむやみに(つづ)けることは、色々(いろいろ)なトラブルに(つな)がりやすいのです。

 ※フライフィッシングでは、フライラインとフライの(あいだ)に、リーダーティペットという2()種類(しゅるい)(ほそ)(いと)連結(れんけつ)させます。
 
 フライライン → リーダー → ティペット → フライ

 このリーダーとティペットはフライラインに(くら)べて(おも)さがとても(かる)いため、フライライン以上(いじょう)(かぜ)影響(えいきょう)(つよ)()けます。

 トラブルの(れい)としては、

 ○(かぜ)影響(えいきょう)()けたライン同士(どうし)(から)まる。
 ○()(えだ)などの障害物(しょうがいぶつ)にフライを()()ける。
 ○ラインの軌道(きどう)()わりフライが(ひと)()たる。

 このような状態(じょうたい)になると、()りどころではありません。貴重(きちょう)()りの時間(じかん)を、これらのトラブルを解決(かいけつ)するために(ささ)げなければなりません

 したがって、できるだけこの不安定(ふあんてい)状態(じょうたい)(フライラインを空中(くうちゅう)保持(ほじ)した状態(じょうたい))を(みじか)くすることで、上記(じょうき)のようなトラブルの発生(はっせい)(すく)なくします。

 b. (さかな)警戒心(けいかいしん)(あた)えない

 フライフィッシングでターゲットになる(さかな)はいろいろいます。
共通(きょうつう)して注意(ちゅうい)することは、()(まえ)(さかな)(おどろ)かせないことです。

 (さかな)(えさ)となる(むし)などに注意(ちゅうい)(はら)っているのと同時(どうじ)に、自分(じぶん)()危険(きけん)(およ)ぼす(もの)(たい)して(つね)警戒(けいかい)しています。

 (とく)に、(かれ)らの頭上(ずじょう)から(せま)気配(けはい)(たい)してはとても敏感(びんかん)です。

 (さかな)頭上(ずじょう)何度(なんど)もフライやフライラインを()としたりする行為(こうい)は、(さかな)(おどろ)かせ、警戒心(けいかいしん)(たか)めさせてしまうばかりではありません。その行為(こうい)は、(さかな)がフライに(たい)して反応(はんのう)(しめ)さなくなるきっかけになることさえあるのです。

 そうなると、そのポイントにいる(さかな)()るのを(あきら)めるか、ある程度(ていど)時間(じかん)()けて(さかな)警戒心(けいかいしん)()くのを()必要(ひつよう)()てきます

 そうならないために、フォルス・キャストの回数(かいすう)をできるだけ()らし、(さかな)(つよ)警戒心(けいかいしん)(いだ)かせないようにします。

 フライキャスティングの目的(もくてき)は、フライを(さかな)のいるポイントに(とど)けることです。つまり、フライが(さかな)のいるポイントに(とど)きさえすれば、(ひと)つのキャストの役目(やくめ)完了(かんりょう)するわけです。

 極端(きょくたん)(こと)()えば、一度(いちど)のキャストでポイントにフライが(とど)けば、それ以上(いじょう)フォルス・キャストをする必要(ひつよう)はありません。

 (ぎゃく)に、ポイントに(とど)いてもいないのにキャストを()えてフライとラインを水面(すいめん)()とし、再度(さいど)それらを水面(すいめん)から回収(かいしゅう)するほうが(さかな)への影響(えいきょう)(おお)きくなります。

 ここで大事(だいじ)なのは、フォルス・キャストの回数(かいすう)ではなく、正確(せいかく)です。
(おお)()ぎても(すく)()ぎてもいけません。

 フライラインの距離(きょり)方向(ほうこう)(さだ)まった時点(じてん)で、フォルス・キャストは(すみ)やかに完了(かんりょう)しましょう。

 実際(じっさい)()りの上手(うま)いフライフィッシャーマンは、無駄(むだ)なキャストはしないものです。無駄(むだ)なキャストが(すく)ないということは、ライン・トラブルや(さかな)警戒心(けいかいしん)(あた)えることが(すく)ないため、より(さかな)()るチャンスが(おお)いと()えるでしょう。

 ※上記(じょうき)()べたことは、実際(じっさい)()()において原則(げんそく)になります。(ただ)し、フライを何度(なんど)(なが)してはじめて反応(はんのう)する(さかな)(なか)にはいます。また、キャスティングの練習(れんしゅう)では自分(じぶん)納得(なっとく)するまでキャストを()(かえ)してみることのほうが大切(たいせつ)になります。

<(まえ)のページ>         <目次(もくじ)(もど)る>          <(つぎ)のページ> 



拍手する
コメント(-) | page top↑