フライキャスティング練習のピラミッド

フライキャスティング練習のピラミッド

上の図が示す通り、この上達法は実釣(実際の釣り)を頂点として
3つのキャスティング練習素手ティップバット)が相互に補完し合うピラミッド構成になっています。



実釣

“魚を釣るため”にキャスティングする場であり練習の成果を発揮する場。



素手で行う練習

ロッドを使わずに行う自宅(室内)練習

フライキャスティングの基本動作を学ぶ練習です。



ティップセクションで行う練習

フライロッドのティップセクション(先端部分)を使って行う屋外練習

ロッドの力を利用することを学ぶ練習です。



バットセクションで行う練習

フライロッドのバットセクション(末端部分)を使って行う屋外練習

ロッドの性能に左右されないキャスティング力を身に付ける練習です。




※ティップセクションとバットセクションを使った練習は屋外でする練習です。

しかし、フライライン(フライフィッシング専用の太い釣り糸)を使わず、しかもロッドを短くして使うためそれほど広い場所は必要ありません。

3つのキャスティング練習それぞれの冒頭には
「重要事項の説明」があります。
そちらを必ず熟読し内容に同意して頂いた上で練習をはじめて下さい。


 以上、この上達法は3つに分かれていますが、全ての練習をバランスよく行うことでその効果は一層高まります。

そして、練習で身に付けたことを実際の釣りの中で試してみて下さい。

それを繰り返すことできっとキャスティングが“難しいもの”“苦手なもの”から“楽しいもの”“得意なもの”に変わっていくと思います

読者の皆様が、この上達法をフライフィッシングのキャスティング練習をはじめる、そしてつづけるきっかけとして使って下さったなら光栄です。



 ――――                         <目次に進む>                     ―――― 


拍手する
コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する