スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

①ビギナーズラックのない釣り!? 

 フライフィッシングをはじめてすぐにたくさんの魚が釣れるということはあるのでしょうか?

「全くない。」とは言いませんが、残念ながらその確率はあまり高くありません

何故なら、フライフィッシングでたくさんの魚を釣るためには、まずたくさんの魚にフライを見せなくてはならないからです

 魚にフライを見せるとは、目の前に釣り糸を垂らしその先についたフライに魚が寄ってくるのを待つということではありません。

離れたところにフライをキャストして浮かべる・流す・引っぱるなどして魚に見つけてもらう(気づいてもらう)ということです。

魚がいてフライに興味を示せばバイト(魚がフライに喰らいつくこと)の可能性があります。

 しかし、魚がいなかったり魚がいてもフライに興味を示さなければフライを交換したりキャストする場所を変えたりします。

このようにフライフィッシングは、フライをキャストして魚の反応を見るということを繰り返し行なう釣りになります。

そういう意味でフライフィッシングはキャスティングができないと何も起こらない(始まらない)釣りと言うこともできるでしょう。

そして、できるだけ広い範囲をキャスティングによって探り、できるだけ多くの(食い気のある)魚にフライを見せることがよい釣果につながるのです。

 フライフィッシングは釣りをする場所と方法によって使用するタックル(道具)が異なる釣りです。

例えば、海や湖などでは広い範囲を探るのに適した長いロッドと遠投に適したラインを使います。

狭くて障害物の多い渓流では、取り回しのしやすい短いロッドとしなやかなラインを使います。

 また、釣り方が異なるということは、当然それに応じた技術が必要になります。

釣りをする場所に合ったタックルを使いこなし、釣り方に合った技術を駆使することではじめてたくさんの魚にフライを見せることができるのです。

 幸いなことに、タックルと釣り方が異なってもキャスティングの基礎は変わりません。

まずは、キャスティングの基礎をしっかりと固め、釣る場所や釣る方法に応じた個々の技術の習得を目指しましょう。

そうすればおのずと魚が釣れる確率は高くなっていきます。


<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する
  
コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。