スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

B.練習の目的

             ※ この練習は屋外で行う練習です。

「ティップセクションを使った練習」の目的は、

ロッドの力を利用する(上手く引き出せるようになる)ことです。

「素手で行うキャスティング練習」の中で頼ることができたのは“自分の力”だけでした。

しかし、今回の練習ではロッドの持つ力を利用することで、自分が使う力を減らすこともできる(ロッドの力に頼ることができる)のです。 

したがって、ロッドを上手に扱えば少ない力でも遠くへ毛糸を伸ばすことができるようになるということです。

但し、同じロッドを使ったとしても、ラインにしっかりと力を載せられる人とそうでない人がいます。それは、まさにロッドの力を“上手く”利用できているかいないかという違いです。

 それでは、ロッドの力を引き出すためにはどうすればよいのでしょうか?ロッドの持つ力とは 反発力 のことです。

ロッドは真っ直ぐな状態では何の力もありませんが、曲がると元に戻ろうとする力、つまり反発力を蓄えるようになります。

キャスティング中にロッドをしっかりと曲げられれば、それによって生まれたロッドの反発力を利用することができるようになるのです。

この練習では、バットセクションに比べ大きく曲がるためその力を大いに活用できる反面、扱いが難しい(より繊細な扱いを必要とする)ティップセクションを使ったキャスティングについて学んでいきます。

ロッドを意識して曲げる、あるいは曲げないという感覚を磨くことで、ラインが生み出す様々なループをコントロールできるようになることを目指しましょう。

もちろん、実際に釣りをする時は、ティップセクション、バットセクションの区別なく一本のロッドとしてキャストします。

しかし、ロッドの中の柔らかい部分(ティップ)と硬い部分(バット)をあえて分けてキャスティング練習することで、繊細かつ大胆なロッドさばきができるようになると考えます。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する
コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。