①毛糸のテンションを保つ

             ※ この練習は屋外で行う練習です。

 「毛糸の長さを固定して行う練習」と「毛糸の長さを変える練習」の違いはほんのわずかですが、その後のキャスティング技術向上に大きく差が出るところでもあります。

この差を乗り越える鍵は、
いかに毛糸のテンション(張り)を保ち続けるかという点です。

キャスティング中に毛糸のテンションを適度に保ち続けることで、
毛糸に力を載せることが容易になります。

その結果、推進力のあるループが生まれ、毛糸を長く伸ばしていくことができるのです。そして、この毛糸のテンションを保つ役割を担うのがロッドを握る手とは反対側の毛糸を握る手「もう片方の手」になります。

フライキャスティングでは、ロッドを握っている手「キャスティングハンド」の動きばかりに意識が向けられがちですが、実は「もう片方の手」の使い方にこそキャスティング上達の鍵があると言っても過言ではないのです

 それでは、具体的に“毛糸のテンションを保つ方法”について説明をしていきましょう。

「キャスティングハンド」の動きにこれまでと違った点は特にありません。ロッドを前後に動かしてフォルスキャストを繰り返します。

一方、「もう片方の手」は余った毛糸を漠然と握るのではなく、毛糸に適度な“張り”を与えられるように位置力加減に注意します。


<位置>

その位置は色々考えられますが、この練習ではロッドの延長線上(キャスティングハンドの肘の下)辺りに置くと毛糸に適度な張りを与えられ、かつ必要以上に毛糸を引っ張ることがないため良いでしょう。

  「もう片方の手」の位置(右利き) 「もう片方の手」の位置(左利き)


<力加減>

毛糸はきつく握り閉めてしまうのではなく、毛糸をスムーズに“送り出せる”ように抵抗を少し与える程度の軽い力で握ります。

この2点に注意することで、適度なテンションを保ちながら毛糸を少しずつ毛糸を伸ばしていくことができるのです。

 それでは、まずトップガイドからロッドの約半分の長さの毛糸を出した状態からはじめ、フォルスキャストを繰り返して毛糸を少しずつ伸ばしていく練習をしてみましょう。

キャストの振り幅は、毛糸の長さに合わせて変えていかなければなりません。

トップガイドから出た毛糸が短い時、その振り幅は小さくて構いません。しかし、毛糸が徐々に伸びていくのに従い、振り幅も少しづつ大きくしていきます。

 毛糸はガイドを通る時の抵抗が大きいので、最初は本物のフライラインを使ったキャスティングの時ほどスムーズに長さを伸ばしていくことができないかも知れません。

けれども、毛糸のテンションを保ち毛糸に上手く力を載せ続けることができるようになれば、ロッドを振る回数は自ずと減っていくことでしょう。

この練習を通しフライフィッシングの大きな特徴である“ラインの長さを(自由に)変える”ために必要な、「もう片方の手」の使い方を身に付けましょう。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する
コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する