②シュートする

             ※ この練習は屋外で行う練習です。

 毛糸の長さ変える練習では、毛糸のテンションを保ち続けることで毛糸は伸びていくと説明しました。それでは、”いつ”毛糸の長さは変わる(伸びていく)のでしょうか?

実際に練習している方は、フォルスキャスト中の「もう片方の手」に注目してみて下さい。

フォルスキャストの間、毛糸はその長さを常に変化させているわけではありませんね

キャスティング動作の中で、毛糸の長さが変わる(伸びる)時と変わらない(伸びない)時とがある筈です

具体的に言うと、毛糸を引いている時、その長さは変えません(毛糸を送り出しません)。この時毛糸の長さを変えてしまうとロッドに十分な負荷を掛けられず強い反発力を得られなくなるからです。

 一方、手首を返した後は、毛糸の長さを変えていきます(毛糸を送り出します)。それは、ロッドに蓄えられた力を反対方向へ解放する時、毛糸の長さを無理なく伸ばすことができるからです。

手首を返した後は、「もう片方の手」で毛糸がスムーズに出て行くことをサポートしましょう。(毛糸を一気に手放すのではなく、握っていた手を気持ち緩める感じです。)

 毛糸を使ったキャスティング練習では、毛糸がガイドをスムーズに出入りしないため、フォルスキャスト中に“毛糸が伸びていく時”と“伸びない時”にはっきりと分かれます。

しかし、実際のキャストでは、フライラインはもう少しスムーズにガイドを出入りするので意識して「もう片方の手」の握り具合を調整する必要があるのです。

この点は、実際にキャスティングをする中で感覚を掴んで下さいね。

 毛糸の長さを徐々に伸ばすことができるようになったら後は仕上げです。フォルスキャストでコントロールしたループをそのまま崩さずに終えるられるようにしましょう。

シュート(キャスティングの最後の動作。フライラインを伸ばし前方水面に落とすこと。)の時はどうしても力んでしまいがちです。

しかし、力むとせっかくフォルスキャストでできたループが最後に崩れてしまい思うように毛糸が伸びていかなくなります。

具体的には、そのままバックキャストに移るかのようにロッドをほんの少し後方へ引いてやると、毛糸は力を失わずにきれいにターンオーバーします。

また、シュートの時、「もう片方の手」で握っていた毛糸を完全には手離しません(※)。

それは、実際の釣りにおいて、キャストの最後にフライラインに変化を付けたり、シュートしてフライが着水した後の魚の“あたり”に対しいつでも反応できるようにするためです。

※遠投する時は「もう片方の手」をラインから完全に離すことがあります。但し、その場合もすぐにラインを握り直します。

※注意※

この練習で使っている毛糸の長さ(5m)を無理に伸ばそうとする必要は全くありません。力が十分に載ったループのままシュートして一つのキャストを完了させることを目指しましょう。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する

コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する