B.練習の目的

             ※ この練習は屋外で行う練習です。

 「バットセクションを使った練習」を実践してみると、ただの棒を振っているような感覚を持つかも知れません。

確かに、重さが非常に軽い毛糸をガイドに通して振ってもバットセクションはほとんど曲がりません。

しかし、この練習で曲がらないバットセクションを無理に曲げようとする必要はないのです

この練習の目的は、ロッドが曲がらない状態、つまり、ロッドの反発力をほとんど利用できない状態で、毛糸に力を上手く伝える方法を身に付けることです。

これは、言ってみれば「素手で行なうキャスティング練習」で学んだフライキャスティングの基礎を、フライロッドを使ってする“おさらい”になります。

 そして、ロッドが持つ反発力に依存せずにキャスティングができるようになれば、性能の違うロッドを使ってもそれに応じたキャスティングができるようになります。

鉄の棒とは違い、しなるように作られたフライロッドはたとえどんな物であってもその反発力がゼロということはありません。

したがって、パワーのないロッドを使ったとしても、その足りない力を補う術(すべ)を知っていれば問題なくキャストできるのです。

 また、ロッドの性能に左右されない(ニュートラルな)キャストのタイミングというものも身に付けられます。

そうすると、セクションをすべてつなげてキャストした時にそのロッドの個性がわかるようになるのです。

また、別のロッドでキャストしてみたならばロッドの性能は一本ごと違うということにも容易に気が付くでしょう。

そして、ロッドごとにキャストのタイミングを変えなければそのロッドが持つ本来の性能を引き出せないことが理解できるようになるのです。

 つまり、この練習はキャスティングの基盤作りと言えます。

この基盤が出来ていれば、自分にとって使っているロッドが相応しいものかどうかの判断(判断基準)も付くようになるからです。

 さらに、「バットセクションを使ったキャスティング練習」をすることの狙いはそれだけに留まりません。

ちょっときざな言い方かも知れませんが、この練習をすることで “ロッドと友達になること” ができるのです

フライラインと毛糸と使うラインの違いはあるにせよ、練習から実釣に近い形でロッドを握り、大胆にそれを扱うことに慣れておけば、いざフィールドに行ってロッドを握る時、その抵抗感・違和感は格段に小さくなります。

そして、練習で身に付けたことを実釣で試してみる、または、実釣で上手くいかなかったことを練習で復習してみるといったサイクルができれば最高です。

こうしたことを繰り返していけば、いつの間にか練習と実釣の区別がつかなくなっていることに気付くでしょう

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ>


拍手する

コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する