①サイドキャストの練習

             ※ この練習は屋外で行う練習です。

 まずはじめに、ロッドのグリップをサムオントップの握り方で握り、ロッドが体の正面に来るように構えます。次に、地面と“平行に”フォルスキャストができるように手首を倒します。

この時、右利きの人であれば左方向がフォワードキャスト、右方向がバックキャストになります。

反対に、左利きの人であれば右方向がフォワードキャスト、左方向がバックキャストになる筈です。

 ロッドを振る高さは、おへそと同じくらいの高さです。

「こんな角度でキャスティングすることなどあるの?」と思う方がいるかも知れません。しかし、実際にこのような角度でキャスティングをすることはよくあります。

例えば、風が強くてキャスティングしづらい時や覆い被さった木の下のポイントにフライを投げ込む時、ロッドを寝かせたサイドキャストを使います。

 キャスティング練習中は、左右のループとその間の直線をしっかりと見て、毛糸の形がきちんと左右対称になっているかチェックしてみて下さい。

特にバックキャストで毛糸を直線的に引けているか、そして手首を力強く返せているかを確認しましょう。

この練習でも操る毛糸の長さは、はじめは短く固定しておき慣れてきたら徐々に長くしていきます。

更に慣れたら、「ティップセクションを使った練習」と同じように、キャスティング中に毛糸の長さを変えていってみましょう。

但し、力任せは禁物です。形をしっかりと操ることができる毛糸の長さでキャスティング練習をして下さい。

毛糸の形を左右対称にすることにより、バックキャストで蓄えた力をフォワードキャストにスムーズに伝えることが可能になります。

 また、一つの試みとしてフォワードキャストだけではなく、バックキャストでもシュートの練習をすることをお勧めします。

何故なら、シュートの練習をすることで毛糸の末端まできちんと力が伝わっているかが容易にわかるからです。

毛糸がループの形成途中で力を失ってはだめです。フォワードキャストとバックキャストの両方で毛糸をしっかりとターンオーバーさせられるようになるまで練習しましょう。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ>


web拍手

コメント(-) | page top↑