スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

②サイドキャストの応用

             ※ この練習は屋外で行う練習です。

 ここでは、フォワードキャストバックキャスト両方の状態を確認できるサイドキャスト練習の利点を活かし、ロッドの角度を変える練習に挑戦してみましょう。

この練習の“目的”は、毛糸の軌道を常に水平に保つために必要なキャスティング感覚を養うことです。

そのために、まずは目を毛糸から離さずその動きを追い続けます。

 それでは、前回までと同様ロッドを横に倒したサイドキャストから始めましょう。

次にフォルスキャストを繰り返したままロッドを“少しずつ”立てていきます。

垂直より少し手前の角度になったらロッドを立てるのを止めてその状態をキープしてみて下さい。

これはいわゆるスリークォーターと呼ばれる斜めの角度で行なうキャストになります。

釣り人にとって最も自然で無理のない姿勢で行なえるため一番多用されるキャストです。

 続いてロッドを更に立てていき今度はロッドが地面と垂直になる位置でフォルスキャストをキープしてみましょう。

この角度で行なうキャストは“頭上”で行なわれるためオーバーヘッドキャストと呼ばれます。

少し辛い姿勢だと思いますが、毛糸から目を離さずその軌道がなるべく地面と水平になるようにフォルスキャストを繰り返しましょう。

 そして、更にロッドの角度を傾けると今度は自分の頭上を越えた位置でキャスティングすることになります。

この状態で行なうキャストをオフショルダーキャストと呼びます。

主に、このキャストは釣り人の利き手側に障害物がある場合にそれを避ける目的で行なわれます。

これより先の角度(体の後ろ)でキャスティングするようことはありませんので安心して下さい

 今回、サイドキャストからはじまりスリークォーター、オーバーヘッド、そしてオフショルダーとロッドの角度を変えてキャスティングしてきました。

大切なのは、どのキャストの角度においても毛糸の軌道を地面と水平に保つように意識することです。

実際の釣り場においてキャスティングをする時、釣り人の目と体はフライを落とすポイントの方を向いています。

今回の練習のように、常にキャスティングの軌道を目で追うということはしません。

そこで大切になるのが目を離していても毛糸が地面と水平になるようにロッドを動かす“感覚”なのです。

 通常、ポイントに体が向いた状態で行なうオーバーヘッドキャストやオフショルダーキャストでは、バックキャストを自分の目で見ることが難しくなります。

水平にキャスティングする感覚を身に付けていないと、ロッドを振る角度が前屈みになったり勝手なタイミングでバックキャストをすることになります。

このような状態では、バックキャストが極端に斜め上空を向いていたり、ラインの末端まで力が十分に伝わらないオープンループになることが多いのです。

そして、結果としてフォワードキャストで意図しないクローズドループが作られるなどのライントラブルに繋がりかねないのです。

 したがって、今回の練習に慣れてきたら、フォワードキャストと同じ方向に体を向け、毛糸から目を離した状態でも毛糸の軌道を水平に保てるようキャスティング練習をしてみましょう

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ>


web拍手
コメント(-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。