スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

②場所の確保

 実際(じっさい)()以外(いがい)でフライキャステャスィングの練習(れんしゅう)をするとしたら、キャスティング・スクールに参加(さんか)して(おそ)わる、あるいは公園(こうえん)などの場所(ばしょ)自分(じぶん)練習(れんしゅう)するという方法(ほうほう)(かんが)えられます。

 どちらの方法(ほうほう)にもメリットがたくさんあります。しかし、どちらの方法(ほうほう)もいつでもどこでも(おこ)なえる練習(れんしゅう)方法(ほうほう)というわけではありません。

 スクールに参加(さんか)するには()まった時間(じかん)場所(ばしょ)()かなければなりません。また、参加費(さんかひ)()かる場合(ばあい)(おお)いでしょう。

 自分(じぶん)練習(れんしゅう)する場合(ばあい)には周囲(しゅうい)からの視線(しせん)()になります。また、自分(じぶん)周囲(しゅうい)安全(あんぜん)(たい)して十分(じゅうぶん)()(くば)必要(ひつよう)があります。これではなかなかキャスティング練習(れんしゅう)没頭(ぼっとう)することはできません。

 実際(じっさい)()以外(いがい)でフライキャステャスィングの練習(れんしゅう)をしようとしても、その練習場所(れんしゅうばしょ)確保(かくほ)苦労(くろう)することが(おお)いのではないでしょうか
 
 そこで、自分(じぶん)()きな場所(ばしょ)()きなだけ練習(れんしゅう)することができるフライキャスティングの練習方法(れんしゅうほうほう)をこれからご紹介(しょうかい)します。

 この方法(ほうほう)であれば、練習場所(れんしゅうばしょ)(さが)手間(てま)一切(いっさい)()かりません。また、練習量(れんしゅうりょう)飛躍的(ひやくてき)()やすことはもちろん、シーズン(ちゅう)天気(てんき)のよい()()りに()かないで、キャスティング練習(れんしゅう)をするために時間(じかん)()くなどという必要(ひつよう)もありません。

 フライフライフィッシングのできるシーズン(ちゅう)は、できるだけ()()()き、実際(じっさい)()りの(なか)でキャスティングを(まな)んでいくことが大切(たいせつ)です。

 それ以外(いがい)時間(じかん)に、どれだけキャスティング練習(れんしゅう)集中(しゅうちゅう)できる場所(ばしょ)確保(かくほ)するかが、できるだけ(はや)くキャスティング技術(ぎじゅつ)向上(こうじょう)させる(かぎ)となります。

 その練習場所(れんしゅうばしょ)は、ずばり“自宅(じたく)”に確保(かくほ)して(くだ)さい

 ※本上達法(ほんじょうたつほう)は、スクールに参加(さんか)することや公園(こうえん)などで実際(じっさい)にタックルを使(つか)練習(れんしゅう)することを否定(ひてい)するものではありません。

<(まえ)のページ>         <目次(もくじ)(もど)る>          <(つぎ)のページ>


拍手する

コメント(-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。