②フォルスキャストの意味と役割

 フライキャスティングの第一目的は、フライをねらったポイントに届けることです。

たった一度のキャストでフライが正確にポイントに入ればそれに越したことはありません。

しかし、なかなかそう上手くいかないため釣り人はフライを水面に落とさず何度かキャストを繰り返します。

それによってフライラインの長さや方向を調整し、より正確にフライをポイントに落とすための準備をするわけです。

このフライをポイントに落とさずに行なうキャストをフォルスキャスト False Cast(偽りのキャスト)と呼びます。


 a. フライラインの“長さ”を調整する

 フライフィッシングでは専用のリールを使います。フック(釣りばり)に掛かった魚とやり取りする時や、ラインを回収する時などの使い方は他の釣りのリールと同じです。

ところが、フライフィッシング用のリールにはキャスティングする時の使い方に大きな特徴があります。

それは、ラインを(自分で)引き出さなければならないという点です。

 フライフィッシング用のリールは、一般のリールとは違いキャストすることでラインが出ていくように作られていないのです

そこで、フライをポイントまで届けるために釣り人は以下のような手順を踏みます。

 1.リールからフライラインを引き出す。
 2.キャストする。

 一回のキャストでポイントにフライが入らない時、1⇒2を繰り返してフライラインの長さを調整します。

 ※二度目にキャストする時は、上記の限りではありません。
同じ場所で釣りをする時は、一度目にリールから引き出したラインをリールではなく、釣り人の手元に回収するのが普通だからです。


 b.フライラインの“方向”を調整する

 フライフィッシングでは、重さが1gに満たないような軽量のフライを数m先(場合によっては数十m先)のポイントまで届けなければなりません。

もしこの非常に軽いフライを投げるのに投げ釣りで使うような軽いラインだけを使ったならば、どんなに頑張っても魚のいるポイントまでフライが届きません。

投げ釣りの場合、ラインの先端付近におもりを付けます。しかし、フライフィッシングの場合、キャストのためにおもりを付けることはないからです

 そこで、フライフィッシングでは、軽いフライを投げるために作られた重さのあるフライラインを使います。つまり、フライラインがおもりの役割を兼ねているのです。

しかし、キャスティング中、フライラインは空中にあるのでどうしても空気の抵抗や風の影響を受けます。

ポイントが遠くなればなるほどこれらの影響は大きくなります。

そして、それだけポイントへ正確にフライを届けるのも難しくなります。

よって、一回のキャストでポイントにフライが入らない時、キャストを何度か繰り返してフライラインの方向を調整します。


 フォルスキャストの役割はフライラインの長さ方向を調整すること。


 ※フォルスキャストをする理由として、上記の他に「濡れたフライの水気を切るため」や「移動の時にラインを空中に保持しておくため」といったことが考えられます。しかし、これらは必ずしもやる必要のある動作ではありません。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 
  

拍手する
コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する