フライフィッシング初心者の課題②           オープン・ループ

 フライフィッシングをはじめたばかりの人が、意図せずに作ってしまうことの多いもう一つのループがオープン・ループです。

このオープン・ループ自体にも良し悪しはありません。

実際のフィールドでもこのループのキャストはよく使います。しかし、このループも自分が意識して使ってなければコントロールしているとは言えません。

 a.オープン・ループとは

 オープン・ループとは、キャスティング中のライン先端が開いたループのことです。このループができるのは、ラインの長さに対して手首を返す動きが大きい時です。

キャスティングに慣れていない人の場合、主にロッドを力任せに振ってしまっている時にできます。



            再生ボタンを押すと動画が見られます。

 このループを通常のループ(ラインの先端が開いてもなく、また閉じてもいないという意味)に戻すには、手首の振りをコンパクトにして、ラインに伝える力を分散させず集中することです。

 b.オープン・ループの克服

オープン・ループ克服の鍵は、

「いかに手首を返す動きをコンパクトに保ったまま力をラインに載せるか」というところにあります。

 フォルス・キャストをする時、フォワード・キャストバック・キャストは相関関係にあります。どちらか一方に問題があれば力の上手く載ったフォルス・キャストはできません。

特にバック・キャストの際にラインをしっかり伸ばしておかないと、それに続くフォワード・キャストのループに力が載りません。

フォワード・キャストは、ボールを投げる動作に近いので慣れやすく、何となく目で見て確認するため意外と簡単に修正できてしまいます。しかし、バック・キャストで手首を返すという動作は、普段使わない筋肉を使うためなかなか違和感が取れないのではないでしょうか?

そこでお勧めするのが、バック・キャストに特化した練習です。

 練習の目的

○バック・キャストでもコンパクトに手首を返し(自分の意思で)ループを作れるようにすること。

 練習方法

 手を体の前に軽く伸ばし、水平ではなく、垂直上方向に向かってキャストします。ちょうどヨーヨー遊びと上下対称の動きになります。

最初、毛糸の長さは短くても構わないのでループができるところをよく見てきっちりとターン・オーバーさせましょう。



            再生ボタンを押すと動画が見られます。

 短い毛糸の長さで出来るようになったら今度は少し毛糸の長さを長くしてやってみましょう。

また、その練習と平行して、フォルス・キャストの練習も続けてみて下さい。少しずつではありますがオープン・ループを克服できるようになる筈ですよ

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する

コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する