スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

A.素手で行なうキャスティング練習とは?

 フライキャスティングを練習(れんしゅう)するとき、自分(じぶん)のキャスティング技術(ぎじゅつ)上達(じょうたつ)しているかどうかを判断(はんだん)するのにとてもよい目安(めやす)となるものがあります。
それは、ループです。

 フライフィッシングにおいて ループ とは、

 キャストの(さい)()びていくフライラインが形作(かたちづく)()正確(せいかく)には()ではなくアルファベットのJやUの文字(もじ)()(かたち))のことをいいます。



             ()すと動画(どうが)再生(さいせい)します。

このループ(はば)(ひろ)げたり、(せば)めたり、(ひら)いたり、()じたり、自在(じざい)(あやつ)ることをループ・コントロール といいます。

 このループ・コントロールを習得(しゅうとく)出来(でき)れば、様々(さまざま)状況(じょうきょう)()わせたキャストができるようになるのです。そして、様々(さまざま)状況(じょうきょう)対応(たいおう)できるということは、それだけ(さかな)()るチャンスも()えるということを意味(いみ)します。

 (たと)えば、(とお)いポイントにいる(さかな)をターゲットにするときは、タイト・ループ(ループ(はば)(せま)い)キャストが必要(ひつよう)とされるでしょう。

それは、ループの(はば)(せま)くすることで、フライラインが()ける空気(くうき)抵抗(ていこう)(かぜ)影響(えいきょう)()らすことができ、ターゲットに()かってより直線的(ちょくせんてき)に、より正確(せいかく)にラインを()ばすことができるからです。(この(とき)、ループの(すす)方向(ほうこう)フライ()んで()方向(ほうこう)(おな)じです。)

 あるいは、(はや)(なが)れの()こう(がわ)のポイントにいる(さかな)をターゲットとするような場合(ばあい)、オープン・ループ(ループが(ひら)いた)キャストを使(つか)うことがあります。

 ループを(ひら)くことで、フライがターゲットに()かう一方(いっぽう)で、ラインを()とす位置(いち)自由(じゆう)()えることができるからです。(この(とき)、ループの(すす)方向(ほうこう)とフライの()んで()方向(ほうこう)はずれて((はな)れて)います。)

 このキャストでは、フライを(さかな)のいるポイントへ(とど)けることと、ラインを(はや)(なが)れの上流側(じょうりゅうがわ)()くことの両方(りょうほう)可能(かのう)にしています。

 ()り人は、こうしたキャストを状況(じょうきょう)(おう)じて使(つか)()けているのです。(けっ)して簡単(かんたん)なものではありませんが、ループ・コントロールを習得(しゅうとく)すればできるようになるキャストです。

 誤解(ごかい)(まね)くことを(おそ)れずに()うと、フライフィッシングとはロッドを使(つか)ってラインを(あやつ)()り、つまり、ループ・コントロールをする()りなのです。

そして、このループ・コントロールの基礎(きそ)気軽(きがる)(まな)ぶことができるのが

  毛糸(けいと)使(つか)って素手(すで)(おこな)うキャスティング練習(れんしゅう) です。

※この練習(れんしゅう)でロッドは使(つか)いません

また、毛糸(けいと)をフライ・ラインに見立(みた)てて練習(れんしゅう)していきます。
「なんだそんな練習法(れんしゅうほう)。」とばかにしないで(くだ)さいね。

この練習(れんしゅう)をすれば、自分(じぶん)のキャスティング技術(ぎじゅつ)がどのくらいあるのかがだいたいわかりますよ。まずは、(だま)されたと(おも)ってやってみてください。準備(じゅんび)簡単(かんたん)です。

練習(れんしゅう)必要(ひつよう)(もの) 

 毛糸(けいと)・・・だけです

毛糸(けいと)はどんなものでも(かま)いませんが()やすい(いろ)(えら)んで(くだ)さい。
これは空中(くうちゅう)にある毛糸(けいと)形作(かたちづく)るループや直線(ちょくせん)をしっかりと()(とら)えるためです。高価(こうか)なものである必要(ひつよう)(まった)くありません。百円(ひゃくえん)くらいで()える毛糸(けいと)十分(じゅうぶん)です。

photo



準備(じゅんび)

 5mくらいに()り、両端(りょうたん)がほつれてこないようにしっかりと“かた(むす)び”します。(何度(なんど)(むす)んだり、おもりなどは()けないで(くだ)さい。毛糸(けいと)先端(せんたん)(おも)くしないことがポイントです。)これで、準備(じゅんび)完了(かんりょう)です。

photo


 練習(れんしゅう)をはじめる(まえ)に 重要事項(じゅうようじこう)説明(せつめい) を(かなら)ずお()みください。※「重要事項(じゅうようじこう)説明(せつめい)部分(ぶぶん)をクリック

 上記(じょうき)重要事項(じゅうようじこう)説明(せつめい)()んで同意(どうい)して(いただ)けましたら、早速(さっそく)自宅(じたく)気軽(きがる)にキャスティング練習(れんしゅう)をはじめてみましょう!まずはあなたの(おも)うとおりにキャストしてみてください。

 そして、(つぎ)空中(くうちゅう)でできるだけ毛糸(けいと)まっすぐに()ばすことを目指(めざ)してみて(くだ)さい。

<(まえ)のページ>         <目次(もくじ)(もど)る>          <(つぎ)のページ>
 

拍手する

コメント(-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。