B.ラインの形を見てキャスティングを矯正する

 この練習(れんしゅう)はフライフィッシングを(まった)くやったことがない(ひと)にはちょっと(むずか)しいと(おも)います。また、フライフィッシング経験者(けいけんしゃ)(なか)にも「(かる)毛糸(けいと)で、しかも素手(すで)でキャストするのは以外(いがい)(むずか)しい。」と(かん)じる(かた)がいるかも()れません。

でも、上手(うま)くキャスティングできないと心配(しんぱい)することはありません。()(かえ)練習(れんしゅう)していくうちにだんだんとコツが(つか)めてきます。

素手(すで)でキャスティングをする場合(ばあい)(たよ)れるのは自分(じぶん)(ちから)だけです。
ロッドを使(つか)わない(ロッドに(たよ)れない)ので、自分(じぶん)実力(じつりょく)がそのまま毛糸(けいと)(かたち)になって(あら)われると()っていいかも()れません。

この上達法(じょうたつほう)では、このことを(おお)いに利用(りよう)していきます。つまり、

毛糸(けいと)(かたち)()自分(じぶん)のキャスティングに()りないものを(とら)える

のです。

はっきりと()()確認(かくにん)しながら毛糸(けいと)(かたち)修正(しゅうせい)していけば、自然(しぜん)自分(じぶん)のキャスティングも矯正(きょうせい)されていくと(かんが)えてください。

そして、素手(すで)でループ・コントロールができるようになれば、キャスティングの(ちから)増幅(ぞうふく)してくれるロッドを使(つか)(とき)にはもっと容易(ようい)にキャストすることが可能(かのう)になるのです

自分(じぶん)必要(ひつよう)なものは毛糸(けいと)(かたち)(おし)えてくれています。
 まずは、キャスティング(ちゅう)毛糸(けいと)(かたち)ループをしっかりと()ることを心掛(こころが)けて(くだ)さい。

あなたのループは、タイトになっていますか?ワイド?オープン?それとも、クローズドですか?大切(たいせつ)なことは、そのループがあなたの意思(いし)形作(かたちづく)られたものか(いな)かという(てん)です。

上手(うま)毛糸(けいと)()びていかないという(ひと)は、「とにかく毛糸(けいと)(とお)くへ()ばそう」とか「(おも)いきり()げよう」と(ちから)()()ぎていませんか?そして、(りき)めば(りき)むほど毛糸(けいと)(ちから)(うしな)いひらひらと()ちていないでしょうか?

この(とき)大切(たいせつ)なのは、(ゆか)()ちた毛糸(けいと)(かたち)ではなく、キャスティング(ちゅう)毛糸(けいと)(かたち)ループ)だという(てん)です。

何故(なぜ)なら、実際(じっさい)のキャスティングでフライラインが()ける空気(くうき)抵抗(ていこう)(かぜ)影響(えいきょう)は、室内(しつない)(おこ)なうこの練習(れんしゅう)毛糸(けいと)()けるそれよりもはるかに(おお)きなものだからです。

たとえこの練習(れんしゅう)(とお)くまで直線的(ちょくせんてき)毛糸(けいと)()ばせたとしても、それが(おお)きな()(えが)いて(ゆか)()ちるようなキャストであれば、(とお)くのポイントにいる(さかな)(ねら)うキャストとして、(のぞ)ましいものではありません。

このようなキャストは、実際(じっさい)にフライフィッシングをする(とき)空気(くうき)(かぜ)影響(えいきょう)(つよ)()けてしまい、フライがどこに()ちるか(まった)見当(けんとう)がつかなくなるからです。

フライを(さかな)がいるポイントまで(とど)けてくれるのはループの推進力(すいしんりょく)(ラインがほどけていく力)ということを(おぼ)えておきましょう。

 それでは実際(じっさい)にキャスティング練習(れんしゅう)をはじめましょう。まず、毛糸(けいと)(なが)さを一定(いってい)にしてキャスティングを(おこ)ないます。これは毛糸(けいと)()った(ちから)分散(ぶんさん)させないためです。

第一章(だいいっしょう)のAで()べた(とお)り、「・・・ラインの(なが)さを()えられるということが、フライキャスティングを上達(じょうたつ)させる(うえ)(おお)きな障害(しょうがい)となり()る・・・」ため、ここではまず、(なが)さの一定(いってい)毛糸(けいと)十分(じゅうぶん)(ちから)()せられるようになることを目指(めざ)します。)

毛糸(けいと)末端(まったん)から60~70cmのところを親指(おやゆび)(うえ)にして(かる)(にぎ)ります。これは、サム・オン・トップという実際(じっさい)にロッドを(にぎ)るときと(おな)(にぎ)(かた)です。

photo photo

 ポイントは(りき)まずに(かる)(にぎ)という(てん)です。手首(てくび)固定(こてい)してしまわないように注意(ちゅうい)します。そして、(あま)った毛糸(けいと)(ゆか)()らさずに反対側(はんたいがわ)()でまとめて()っておきましょう。

(つぎ)に、(うで)(おお)きく()って毛糸(けいと)前後(ぜんご)左右(さゆう)自由(じゆう)(うご)かしてみて(くだ)さい。そして、どのような(うで)(うご)きをした(とき)毛糸(けいと)が“直線的(ちょくせんてき)に”なるか自分(じぶん)(たし)かめてみましょう。

 毛糸(けいと)仕舞(しま)()まず、()()くところへ()いて、()()いたらすぐにキャスティング練習(れんしゅう)できる環境(かんきょう)(つく)っておきます。そうすることで練習量(れんしゅうりょう)飛躍的(ひやくてき)()やすことができるのです。

いつでも気軽(きがる)にはじめられることが(なに)より大切(たいせつ)です

<(まえ)のページ>         <目次(もくじ)(もど)る>          <(つぎ)のページ>



拍手する
コメント(-) | page top↑