C.フライキャスティングの基礎

 「フライフィッシングは(むずか)しそう。」というイメージを()っている(ひと)(すく)なくないようです。ただそのようなイメージによって、この()りを敬遠(けいえん)されているとしたらそれはとても残念(ざんねん)なことです。

何故(なぜ)なら、フライフィッシングで一度(いちど)でも(さかな)()ったことがある(ひと)ならば、この()りの()魅力(みりょく)気付(きづ)き、やめることが(むずか)しくなるほど(おく)(ふか)()りだからです。

フライフィッシングが(むずか)しいと(おも)われてしまう(おも)理由(りゆう)は、やはりキャスティングの習得(しゅうとく)時間(じかん)()かるからでしょう。

(たし)かに、フライキャスティングは一朝一夕(いっちょういっせき)()()くものではありません。(ほか)のスポーツと同様(どうよう)練習(れんしゅう)()(かえ)さなければ上達(じょうたつ)していきません。

しかし、練習(れんしゅう)する(まえ)にいくつかのヒントを(あたま)()れておくことで上達(じょうたつ)のスピードは(おどろ)くほど(はや)くなります。

ここでは、フライキャスティングの上達(じょうたつ)必要(ひつよう)(みっ)つのヒントについて説明(せつめい)していきます。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 
 

拍手する
コメント(-) | page top↑