①ラインを直線的に“引く”

 毛糸(けいと)直線的(ちょくせんてき)()びるのは、毛糸(けいと)直線的(ちょくせんてき)()いた(とき)だけです。(もちろん、毛糸(けいと)重力(じゅうりょく)(した)()ちようとするので、その影響(えいきょう)()ない程度(ていど)素早(すばや)毛糸(けいと)()必要(ひつよう)があります。)(けっ)して円運動(えんうんどう)()(えが)運動(うんどう)ではありません!

この直線的(ちょくせんてき)()くという(うご)きは、あまり経験(けいけん)したことがない(うご)きだと(おも)いますので、最初(さいしょ)戸惑(とまど)います。しかし、()れの問題(もんだい)ですので何度(なんど)()(かえ)してとにかく()れてしまいましょう。

 毛糸(けいと)直線的(ちょくせんてき)()けるようになるとあることに()()きます。それは、「わずか60~70cmの毛糸(けいと)でも空中(くうちゅう)でまっすぐにするのには(からだ)全体(ぜんたい)使(つか)必要(ひつよう)がある。」ということです。手首(てくび)だけでも(うで)だけでもない、(からだ)全体(ぜんたい)(うご)きです。

そして、毛糸(けいと)(うご)軌道(きどう)直線的(ちょくせんてき)にするためのポイントは、(からだ)(うご)きを(なめ)らかなものにしておくという(てん)です。

これこそがフライ・ロッドでいう“しなり(たわみ)”であり、ロッドを使わないこの練習(れんしゅう)におけるあなたの役割(やくわり)です。つまり、(からだ)全体(ぜんたい)でフライ・ロッドの役目(やくめ)()たしていると()えるでしょう

そして、(からだ)全体(ぜんたい)使(つか)い、その(うご)きを(おお)きくすればするほど、毛糸(けいと)を“(なが)く”直線的(ちょくせんてき)()くことができるはずです。

この(とき)(いち)方向(ほうこう)(おお)きく(からだ)(うご)かせば(うご)かしただけ、(つづ)けて反対(はんたい)方向(ほうこう)(うご)かすときの軌道(きどう)(なが)()ることができます。

(たと)えば、(うし)方向(ほうこう)(からだ)(おお)きく(うご)かして毛糸(けいと)()いた(あと)(つづ)けて前方(ぜんぽう)毛糸(けいと)(うご)かす場合(ばあい)非常(ひじょう)(なが)軌道(きどう)前方(ぜんぽう)確保(かくほ)することができます。

この直線的(ちょくせんてき)(なが)軌道(きどう)()ることが、毛糸(けいと)(とお)くまで()ばすためのポイントになります。手首(てくび)だけ、あるいは(うで)だけを使(つか)うのではありません。“(からだ)全体(ぜんたい)使(つか)って”毛糸(けいと)直線的(ちょくせんてき)になるように練習(れんしゅう)してみて下さい。

 必要(ひつよう)なことは、()()られる毛糸(けいと)がきちんと直線的(ちょくせんてき)になっているかをしっかりと()()確認(かくにん)することです。

もし毛糸(けいと)がまっすぐになっていなければ、それはあなたが毛糸(けいと)をまっすぐに()けていない、あるいは、()速度(そくど)(おそ)いことを(あらわ)しています。

 実際(じっさい)のフライフィッシングにおいても、使(つか)うロッドの(なが)さや種類(しゅるい)などによってラインを()速度(そくど)(こと)なります。毛糸(けいと)使(つか)ったこの練習(れんしゅう)では毛糸(けいと)をまっすぐにするのに()()った((おう)じた)速度(そくど)()けるようになりましょう。

 また、フライフィッシングでは様々(さまざま)方向(ほうこう)角度(かくど)にキャスティングをするので、前後(ぜんご)(うご)きだけでなく、左右(さゆう)(なな)(うえ)(なな)(した)など自由(じゆう)角度(かくど)()えて(ため)してみて(くだ)さい。その場合(ばあい)でも、毛糸(けいと)を“直線的(ちょくせんてき)に”()くという基本(きほん)(わす)れないで(くだ)さいね。



             ()すと動画(どうが)再生(さいせい)します。

<(まえ)のページ>         <目次(もくじ)(もど)る>          <(つぎ)のページ> 


拍手する
コメント(-) | page top↑