スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

③ラインに力を“伝える”

 フライキャスティングの基礎(きそ)は、

まず ラインを()く”ことにより直線(ちょくせん)(つく)

(つぎ)に 手首(てくび)(かえ)す”ことでその直線(ちょくせん)をループに(つく)()えることでした。

 あとはその(ラインを()く)直線運動(ちょくせんうんどう)と、(手首(てくび)(かえ)す)()運動(うんどう)上手(うま)(つな)げ、連続(れんぞく)した運動(うんどう)にすることを目指(めざ)しましょう。自分(じぶん)のペースでじっくりと時間(じかん)()けて追求(ついきゅう)してみて(くだ)さいね。

 そして、その連結(れんけつ)がスムーズになればなるほど、自分(じぶん)(ちから)をラインにより確実(かくじつ)(つた)えられるようになるでしょう。

 ラインに(ちから)上手(うま)(つた)えられるキャストは、推進力(すいしんりょく)のあるループを(つく)り、ラインを伸ばし、そしてそのループが(かえ)ること(ターンオーバー()います。)によりフライを(とお)くまで(とど)けることを可能(かのう)にするのです。



            再生ボタンを押すと動画が見られます。

 しかし、ラインに(ちから)上手(うま)()ったキャストができるようになることのメリットは、(なに)もフライを(とお)くまで(とど)けられることだけに(とど)まりません

 今後(こんご)あなたが(まな)ぶであろうキャストの(なか)には、(いま)練習(れんしゅう)している直線的(ちょくせんてき)なものだけではなく、フォワード・キャストでロッドを(たお)リーチ・キャスト意図的(いとてき)にラインを()げるカーブ・キャストなどがあります。

 これらのキャストに(もと)められるのは変化(へんか)です。そして、その変化(へんか)(ちから)分散(ぶんさん)しているラインからよりも、(ちから)上手(うま)(つた)わって(いきお)いのあるラインからの(ほう)(つく)(やす)いのです。

 素手(すで)(おこな)うキャスティング練習(れんしゅう)頑張(がんば)って(つづ)けていると、このライン(毛糸(けいと))に(ちから)(つた)える(()せる)という“感覚(かんかく)がだんだんとわかってきます。そして、それは(じつ)様々(さまざま)なキャストの基礎(きそ)(まな)んでいることでもあるのです。

 この練習(れんしゅう)非常(ひじょう)(かる)い“毛糸(けいと)”を使(つか)っているので、もしかするとある程度(ていど)(おも)さのある“フライライン”を使(つか)実際(じっさい)のキャスティングよりも(むずか)しいかも()れません

 しかし、(かる)い“毛糸(けいと)”に自分(じぶん)(ちから)確実(かくじつ)(つた)えられるようになれば、実際(じっさい)にロッドを()った(とき)にはフライラインに(ちから)(つた)えるということがより簡単(かんたん)(かん)じられるでしょう

 そして、確実(かくじつ)(ちから)(つた)えられるようになったら(しっかりとループを(つく)り、毛糸(けいと)をターン・オーバーさせられるようになったら)、徐々(じょじょ)毛糸(けいと)(なが)さを()ばしていきます。

 ()(かえ)しになりますが、キャストの(とき)(かなら)毛糸(けいと)(かたち)をよく()て、自分(じぶん)のキャスティングを矯正(きょうせい)していきましょう。

 上記(じょうき)の“キャスティング(ちゅう)のループ((とく)にバック・キャストのループ)をよく観察(かんさつ)する(ことが大切(たいせつ)。)”という理由(りゆう)から、(わたし)オーバー・ヘッド・キャスト練習(れんしゅう)をはじめることをお(すす)めしません

 なぜなら、オーバー・ヘッド・キャストは文字(もじ)(どお)()(ひと)の“頭上(ずじょう)で”(おこ)なうキャストであるため、バック・キャストのループを確認(かくにん)することが(むずか)しいからです。

 したがって、まずはフォワードとバック両方(りょうほう)のループをしっかりと()ることができる無理(むり)のない体勢(たいせい)キャスティング練習(れんしゅう)をしてみて(くだ)さい。((わき)()める必要(ひつよう)もありません。あくまでも自然体(しぜんたい)で。)

 まずライン(毛糸(けいと))にしっかりと(ちから)(つた)える感覚(かんかく)(やしな)うことに専念(せんねん)しましょう。それからオーバー・ヘッド・キャストに挑戦(ちょうせん)しても(おそ)くありません。

※バック・キャストを確認(かくにん)しづらいオーバー・ヘッド・キャストは、ライン・トラブルが発生(はっせい)(やす)いため、最初(さいしょ)にオーバー・ヘッド・キャストから練習(れんしゅう)をはじめると「フライフィッシングは(むずか)しい」というイメージに(つな)がってしまうのかも()れません。

 管理(かんり)()()などではオーバー・ヘッド・キャストをしてフライを遠投(えんとう)しなくても(さかな)十分(じゅうぶん)()れますし、渓流(けいりゅう)においてもオーバー・ヘッド・キャストが必要(ひつよう)とされる状況(じょうきょう)(かぎ)られています。※(つね)遠投(えんとう)要求(ようきゅう)される(みずうみ)(うみ)ではこの(かぎ)りではありません。

 しっかりとループを(つく)感覚(かんかく)(つか)んでから、キャストの角度(かくど)色々(いろいろ)(ため)してみましょう。

 はじめに(むずか)しいキャストで挫折(ざせつ)するよりは、(すこ)しずつ自信(じしん)()けて色々(いろいろ)なキャストにトライしていくほうがよいでしょう。

 そして、この練習(れんしゅうし)(とお)して自分(じぶん)()ったキャスティングの(かた)やタイミング、そして感覚(かんかく)というものを()()けていって(くだ)さい。

 ※通常(つうじょう)のキャスティング練習(れんしゅう)ですとどうしても“フライフィッシング・ロッドを()練習(れんしゅう)”になってしまいがちですが、この上達(じょうたつ)は“まずラインの(かたち)(つく)ることに重点(じゅうてん)をおいた練習(れんしゅう)”になっています。



            <ruby>再生<rp>(<rp><rt>さいせいく<rt><rp>)<rp></ruby>ボタン(おく)すと動画(どうがく)(みく)られます。

<(まえ)のページ>         <目次(もくじ)に戻る>          <(つぎ)のページ> 


web拍手
コメント(-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。