スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

A.素手で行うキャスティング練習とは? 

 フライキャスティングの練習を始めて「自分はどれくらい上達しているのだろう?」と思った時はどのように確認すればよいのでしょうか?

フライラインをどれくらい伸ばせたかを計ればよいのでしょうか?

それとも、フライをどの程度正確に狙った所に落とせるようになったのかを見ればよいのでしょうか?

もちろん、キャスティングできる範囲を広げたりフライを落とす位置の精度を高めることは大切です。

でも、実はフライフィッシングをはじめたばかりの人にとって、“どのように”キャスティングを行なっているか知ることの方がもっと大切なのです

つまり、それはキャスティングのプロセス(過程)を知るということです。

キャスティング中に自分がどのような動作をしているのかを把握し改善することでキャスティングは向上します。

そして、自分が“どのように”キャスティングしているのかを知るにはループを見ます。

 フライフィッシングにおいて ループ とは

キャストの際に伸びていくフライラインが形作る輪(正確には輪ではなくアルファベットのJやUの文字に似た形)のことをいいます。



             を押すと動画が再生します。

このラインのループ幅を広げたり、狭めたり、開いたり、閉じたり、自在に操ることをループコントロール Loop Control といいます。

このループコントロールを習得出来れば、様々な状況に合わせたキャストができるようになるのです。

そして、様々な状況に対応できるということは、それだけ魚を釣るチャンスも増えるということを意味します。

 例えば、遠いポイントにいる魚をターゲットにするときは、タイトループ Tight Loop(ループ幅の狭い)キャストが必要とされるでしょう。

あるいは、速い川の流れの向こう側のポイントにいる魚をターゲットとするような場合、オープンループ Open Loop(ループが開いた)キャストを使うことがあります。

釣り人はフライをポイントにただ投げ入れているのではなく、釣り場の状況に応じてループを使い分けながらキャストしているのです。

 誤解を招くことを恐れずに言うと、フライフィッシングとはロッドを使ってラインを操る釣り、つまり、ループをコントロールする釣りなのです。

そして、このループコントロールの基礎を気軽に学ぶことができるのが

  毛糸を使って素手で行うキャスティング練習 です。

※この練習でロッドは使いませんまた、毛糸をフライラインに見立てて練習していきます。

実際のキャスティングとこの練習との違いは、このループコントロールをロッドを使ってするか、それとも素手で行うかだけの違いです。

(もちろん、ロッドを使わなければできないキャストやライン操作はありますが、キャスティングの基礎に違いはありません。)

つまり、フライキャスティングが上手い人とは、“ロッドを使って”ループをコントロールするのが上手い人と言えるでしょう。

「なんだそんな練習法か」とばかにしないで下さいね。

この練習をすれば自分のキャスティング技術がどのくらいあるのかがだいたいわかりますよ。まずは騙されたと思ってやってみてください。準備は簡単です。

(練習に必要な物) 

 毛糸・・・だけです

毛糸はどんなものでも構いませんが見やすい色を選んで下さい。
これは空中にある毛糸が形作るループや直線をしっかりと目で捉えるためです。高価なものである必要は全くありません。百円くらいで買える毛糸で十分です。

キャスティング練習で使う毛糸①


(準備)

 5mくらいに切り、両端がほつれてこないようにしっかりと“かた結び”します。(何度も結んだり、おもりなどは付けないで下さい。毛糸の先端は重くしません。)これで、準備は完了です。

キャスティング練習で使う毛糸②


 練習をはじめる前に 「重要事項の説明①」 を必ずお読みください。※「重要事項の説明①」部分をクリック

 上記の重要事項の説明①を読んで同意して頂けましたら、早速自宅で気軽にキャスティング練習をはじめてみましょう!まずは自分の思うとおりにキャストしてみてください。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 
 

拍手する
コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。