スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

③動作を連続する

 ここまで

第1ステップで、 ラインを“引く”ことにより直線を作り

第2ステップで、 手首を“返す”ことでその直線をループに作り変えました。

そして、いよいよフライキャスティングの基本動作、第3ステップでは
(ラインを引く)直線運動と(手首を返す)弧の運動を上手くつなげ、
連続した動作にすることを目指します。

その連結がスムーズになればなるほど、自分の力をラインにより確実に伝えられるようになります。

 ラインに力を上手く伝えられるキャストは、推進力のあるループを作り、ラインを伸ばし、そしてそのループが返ること(ターンオーバーと言います。)によりフライを遠くまで届けることを可能にするのです。



            再生ボタンを押すと動画が見られます。

 しかし、ラインに力が上手く載ったキャストができるようになることのメリットは、何もフライを遠くまで届けられることだけに留まりません

今後学ぶであろうキャストの中には、現在練習している直線的なのものだけではなく、フォワードキャストでロッドを倒すリーチキャスト(Reach Cast)や意図的にラインを曲げるカーブキャスト(Curve Cast)などがあります。

これらのキャストに求められるのは変化です。そして、その変化は力が分散しているラインからよりも、力が上手く伝わって勢いのあるラインからの方が作り易いのです。

素手で行うキャスティング練習を頑張って続けていると、このライン(毛糸)に力を伝える(載せる)という“感覚”がだんだんとわかってきます。そして、それは実は様々なキャストの基礎を学んでいることでもあるのです。

 この練習は非常に軽い“毛糸”を使っているので、もしかするとある程度重さのある“フライライン”を使う実際のキャスティングよりも難しいかも知れません

しかし、軽い“毛糸”にあなたの力を確実に伝えられるようになれば、実際にロッドを振った時にはフライラインに力を伝えるということがより簡単に感じられるでしょう

そして、確実に力が伝えられるようになったら(しっかりとループを作り、毛糸をターンオーバーさせられるようになったら)、徐々に毛糸の長さを長くしていきます。

 繰り返しになりますが、キャストの時は必ず毛糸の形をよく見て、自分のキャスティングを矯正していきましょう。

上記の“キャスティング中のループ(特にバックキャストのループ)をよく観察する(ことが大切。)”という理由から、オーバーヘッドキャスト(Overhead Cast)で練習をはじめることをお勧めしません

何故なら、オーバー・ヘッド・キャストは文字通り釣り人の“頭上で”行なうキャストであるため、バックキャストのループを確認することが難しいからです。

 したがって、まずはフォワードとバック両方のループをしっかりと見ることができる無理のない体勢でキャスティング練習をしてみて下さい。(脇を無理に閉める必要もありません。あくまでも自然体で。)

最初にライン(毛糸)にしっかりと力を伝える感覚を養うことに専念しましょう。それからオーバーヘッドキャストに挑戦しても遅くありません。

※バックキャストを確認しづらいオーバーヘッドキャストは、ライントラブルが発生し易すいため最初にオーバーヘッドキャストから練習をはじめると「フライフィッシングは難しい」というイメージに繋がってしまうのかも知れません。

管理釣り場などではオーバーヘッドキャストをしてフライを遠投しなくても魚は十分釣れますし、渓流においてもオーバーヘッドキャストが必要とされる状況は限られています。※常に遠投が要求される湖や海ではこの限りではありません。

 しっかりとループを作る感覚を掴んでから、キャストの角度を色々と試してみましょう。

はじめに難しいキャストで挫折するよりは、少しずつ自信を付けて色々なキャストにトライしていくほうがよいでしょう。

そして、この練習を通して自分に合ったキャスティングの型やタイミング、そして感覚というものを身に付けていって下さい。

 ※通常のキャスティング練習だとどうしても“フライロッドを振る練習”になってしまいがちですが、この上達法は“まずラインの形を作ることに重点をおいた練習”になっています。



            再生ボタンを押すと動画が見られます。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する

コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。