スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-) | page top↑

C.キャスティング上達の鍵

 フライフィッシングをこれからはじめようと思っている人には、できるだけ早くキャスティングの基礎を身に付け、なるべく早く魚を釣る喜びを味わってもらいたいと思います。

何故なら、フライフィッシングは間違いなく楽しい釣りだからです。

(せっかくはじめたのに「難しい」「魚が釣れない」釣りというイメージを残して挫折してもらいたくありません。)

 フライキャスティングを上達させる上で大きな鍵となるのが練習の“量”と“質”です。

フライを何年も続けているのにキャスティングが上達していると感じられない場合は、基礎が身に付いていない可能性があります。

釣りを続けていればそのうち上手くなるとは限らないのがフライキャスティングです

 基礎を身に付けずに釣りを続けているとロッドの力に変に依存したキャスティングのくせが付くことがあります。

くせが付いてしまったとしてもそれで魚が釣れれば特に問題はないのかも知れません。

でも、ロッドの性能を十分に引き出したり、自分に合ったロッド選び(それは“自分”にしかわかりません)ができるようになるためには、キャスティングの基礎は不可欠です

 キャスティングの基礎を身に付けるには、まとまった練習時間とそれを可能にする場所の確保が必要です。

キャスティング練習をするのに釣りをするフィールドと同じスペースは必ずしも必要ありません。

野球のバッターやゴルファーが素振り練習をするのと同様、フライフィッシャーマンも自分が納得するまでキャスティング練習のできる場所を身近に手に入れましょう。

そうすれば、フライキャスティングの基礎をそれほど時間を掛けずに身に付けられます。

そして、実際のフィールドで自信を持ってキャスティングすることができるようになるでしょう。

<前のページ>         <目次に戻る>          <次のページ> 


拍手する

コメント(0) | page top↑

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。